読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おぎろぐはてブロ

なんだかんだエンジニアになって10年以上

(2015年版) Mac で Microsoft Office 2016 を使いたいけど何を買えばいいのか

Microsoft Office 365 Solo(1年版) [オンラインコード] [ダウンロード][Win/Mac/iPad対応](PC2台/1ライセンス)【国内正規品】

ついに Office 2016 for Mac の正式版がついにリリースされました。

ということで、2015年9月時点での Mac で Office 2016 を利用する場合の購入手段についてまとめます。
この記事では、Office 2016リリース以後の情報についてまとめていきます。2011のパッケージ版を使う場合は、以前の記事もご確認ください。

blog.hmm.jp

購入形態は現時点では Office 365 のサブスクリプションのみ

Office 2011 for Mac では買い切りのパッケージ版と、Office 365のサブスクリプション購入版の2つの選択肢がありましたが、 現時点では、パッケージ版についてはまだ提供されておらず、個人ユーザが利用するためには Office 365 のサブスクリプションサービス経由となります。 (パッケージの販売は予定はされているようです)

個人 (というか小規模) で利用する場合、Office 2016 for Mac を利用するには、以下の選択肢になるかと思います。

  • Office 365 Solo
  • Office 365 Business

定価では微妙に Business が安いのですが、Solo は定価より安価に購入できるため、実質的には Solo がお薦めです。

Office 365 Solo

個人、家庭用に提供されているのが Office 365 Solo です。

ざっくり説明すると以下のようになっています。

  • Macで利用可能なソフトウェア: Word、Excel、Outlook、PowerPoint、OneNote
  • 2台のWindowsもしくはMacで利用できます。
  • Skypeの無料通話60分
  • 費用は、月額 ¥1,274、年額 ¥12,744 (税込み、マイクロソフト通常価格)

Amazonだと、1年間のサブスクリプションが 11,800円でした。 さらに、9月末までOffice 365購入のクーポンが提供されており、最大30%オフになっています。

Office 365 Business

名前の通り法人向けですが、デスクトップ版Officeが利用可能な最も (定価ベースで) 安価なプランがこちらです。

Soloとの違いは、台数と、Skype無料通話がつかない点です。 (法人利用のための導入管理などがあるのですが、ここでは省略します)

  • Macで利用可能なソフトウェア: Word、Excel、Outlook、PowerPoint、OneNote
  • 1ユーザが利用する 5 台の PC または Mac、5 台のタブレット (Windows、iPad、Android)、5 台のスマートフォンに Office をインストールできます。
  • 費用は、月額 1,090円、年間契約だと 900円 (税抜き) です。

まとめ

  • 2015年9月時点では、パッケージ版はなく個人利用では Office 365 のサブスクリプションの購入が必要
  • 個人用では基本的には Office 365 Solo。たまに Excel だけ使わないといけない用途にはちょっと。。

制約はいろいろあると思いますが、モノによっては Office Online (無料) でもカバーできるかもしれません。

www.office.com